スマートフォンアプリやシステムの開発なら【株式会社クオニティ】

システム開発成功の6つのポイント

システム開発成功の6つのポイント

スマートフォンアプリが作りたい、社内に自社に合ったシステムを作りたい、ショッピングサイトを作りたい、といった様々なシステム開発の要求があります。システム開発会社として、システム開発を成功させるためにはどうすべきか? を6つのポイントでまとめました。

1.システム開発の流れを知る

システム開発と言われるとパソコンに向かってひたすらプログラムを書いていると思われがちですが、実際はその前後の工程が大きなボリュームをしめます。システム開発が完成するまでを次の1~6の工程で紹介致します。

1.システム企画

まず、営業やITコンサルタントがお客様の要望や問題点の聞き取りをします。それに基づいてどういったシステムを作るのか検討し、見積もりを行います。

2.要件定義

システム開発を行う前に、再度、現状業務等を分析し、より詳しくどのようなシステムを作るかを定義します。

ここでの作業はお客様と開発者との認識にズレが生じると致命的な問題が発生するのでとても重要な工程です。お客様にとって何気ない些細なことでも、この作業より後になって認識の違いが発覚した場合、問題が肥大化する場合があります。

3.設計

設計にもいろいろありますが、システムでどういった画面・データ・処理・テストを作成するか決める作業です。

4.製造

設計を元にシステムの作成を行います。よくイメージされるプログラミングの工程はここにあたります。

5.テスト

作成したものをテストします。テストにも個別・大きな機能・システム全体・お客様が実際に使用してみるなど様々です。

6.運用保守

お客様にシステムをお渡し(納品)し、実際に使用し運用する作業です。

2.開発コストは規模によって大幅に変わる

これはどういことかと言うと、例えば機能が1つから2つに増やすとして、コストは2倍になるのかといえばそのようなことはありません。あまり変わらない場合もあれば、3倍、4倍と大幅に増えてしまう場合もあります。ただし、一般には2倍以上になる傾向があるかもしれませんが、これは機能同士がなんらかの形で連動している場合などは必然的に発生します。

また、開発の規模に応じて工程の1~6に取られるコストの割合が変わります。開発の比較的容易なものであれば1~3の工程は比較的短時間で終了し、割合的には4.製造と5.テストが大きくなる場合があります。逆に、大きなシステムの開発では1~3に多くの時間をかけることになります。

このようにして、規模に応じてシステム開発のコストは大きく変化します。うっかり盛り込み過ぎてとんでもない見積が出てきた、ということのないようやりたいことと予算をしっかり把握しておく必要があります。

3.企画段階でのコスト抑制を考える

企画の段階で技術者に入ってもらうのが効率的です。企画段階で、都度実現可否を確認出来るのはメリットが大きいと言えます。しかし、一般に企画者と技術者の意識の差は大きく(企画者は面白いか面白く無いかを優先し、技術者は出来るか出来ないかを優先してしまう傾向があります)、同じ立場で話を進めてしまうと衝突することがあります。必ず、企画者目線で話を進めていくことをお勧めします。

技術者が社内にいない場合もあります。その場合は、なるべく早い段階で開発会社に相談するのが良いと思います。そもそも出来ないこと(予算的、技術的な意味で)を前提に資料をまとめていくようなことになってしまうと、その時間は無駄ということになってしまいます。

4.製造・テスト段階でのコスト抑制を考える

開発段階でのコストを抑えるためには、現実的な企画をまとめ上げることが何よりも重要です。次に重要なのは、開発を行うための要件定義と設計をどの程度厳密に行うか検討する必要があります。

大規模なシステム開発であれば当然ここの時間をかけるべきです。しかし、小さなシステム開発では、必ずしも要件定義や設計を完璧に行う必要があるわけではありません。勿論、理想論としては完璧なものを作るべきですが、それもまた全てコストに跳ね返ってきますから、どの程度しっかり行うかというバランス感覚が重要になります。

5.運用からのコスト抑制を考える

運用からのコストを抑えるためには、まずは長く付き合える信頼できる会社に発注をすることです。何故ならば、システムは一度動いてしまうとなかなか止めることは出来ません。長く使えばOSのアップデートや機能の追加ななど、必ず発生してきます。そのような時に、システム開発を行った会社であれば技術者が残っている場合やドキュメント、開発環境が残っている場合もあり、開発がスムーズに行えます。

6.パートナーの選び方

わかりやすい目安は会社の存続年数と言えます。長く存続している会社にはそれ相応の理由がありますから、出来立ての会社と比べれば信頼出来る場合が多いです。

相手の営業も重要な目安となります。営業は、会社と会社を繋ぐ重要な架け橋ですから、その架け橋になる担当が信頼出来ないようではうまくいくものもいかなくなってしまいます。

会社実績を鵜呑みにしないことも時には重要な場合があります。システム開発における技術は、多くの場合技術者に依存している部分があります。従って、労働環境が悪く人の出入りが激しい会社などは、実績ほどの実際的な技術はない場合があります。

 

最後に、システム開発は目には見えづらいところが多く、相互不信に陥りやすい側面があります。そのようなことのないように、コミュニケーションを徹底していくことが重要かもしれません。

クオニティの新名刺を制作しました

社名変更に伴い名刺を変更致しました。

今回のデザインは、システム開発会社アプリ開発会社らしくシンプルでクールなイメージということで銀徳屋株式会社さんに発注しました。

質感を上げるために紙は厚紙に、QuonityのQの部分を銀箔で箔押しにしています。

meishi_ura
こちらが裏面です。

meishi_omote
こちらは表面です。

今回のデザインは、自分で言うのもなんですが良い仕上がりだと思っています。

ちなみに、名刺には会社のウリ文句や個人の写真を載せたほうが良いと言いますよね。弊社ですと、システム開発ならお任せ下さい! とか、裏面にスマホアプリ開発などを一文入れるというところでしょうか。

実用的な方が良いというのは分かるのですが、どうしてもデザイン性を優先してしまうところがあります。

過去の名刺

oldmeishi1
一代前

oldmeishi2
二代前

私個人としては二代前が好きだったのですが、システム開発会社らしくないという意見が多かったため一代前に変更しました。

妥協した部分もあったので、ちょっと気に入っていなかったので今回の変更は非常に満足しています。

社名変更・事務所移転に伴う御挨拶

社名変更ならびに事務所移転のお知らせ

拝啓 貴社益々御清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて この度 弊社事務所は下記に移転することとなりました
それにともない社名を下記のように改称することとなりましたのでお知らせ
申し上げます
何卒今後とも一層の御愛顧を賜りたく お願いかたがた御挨拶申し
上げます
                               敬具
 平成26年6月
             記

新社名  株式会社クオニティ
旧社名  有限会社サン・カンパニー
新所在地 東京都渋谷区代々木1-12-2-201
電 話  03-6276-5562
FAX   03-6276-1912

株式会社クオニティ
代表取締役社長 浦上 誉弘