スマートフォンアプリやシステムの開発なら【株式会社クオニティ】

ホームページ制作の利点

ホームページ制作の利点

現代の日常生活で多くの人々はインターネットを有効的に活用している事と思います。インターネットに触れることはホームページの閲覧にも繋がってきます。ホームページ制作を行う事で、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、基本的なホームページ制作の利点についてお話致します。

調べ物の基本ツール

インターネットの普及により、どんなことでも簡単に調べる事ができます。インターネットに繋げば、ホームページの世界が無限に広がります。必要な情報が掲載されているホームページを見つけることも検索エンジンを活用すれば難しいことではありません。ホームページ制作は今まで接触のなかったお客様や会社から直接お問い合わせして頂けるチャンスにもなります。

信用度の目安になる

信頼できる会社なのか目安になるのがホームページです。インターネットの世界に一歩足を踏み込めば、様々なホームページが存在します。あまり良くないホームページだと、お客様に不安を与えてしまうだけでなく、会社の信用やイメージに関わってきますが、会社の玄関口でもあるホームページがしっかりした内容に仕上がっていれば、信用度の目安にもなります。


所構わない情報収集ツール

商品販売は、基本的に来店したお客様に対したものが日常でした。しかし、インターネットなどのホームページを利用する事により、場所に関係なく商品の販売や購入を行えるようになりました。ホームページの通販をご利用になれば、どこに住んでいても、気軽に遠方の特産物を手に入れることも可能です。ホームページ制作は所構わない情報ツールとして需要があります。

アプリ開発やWEBシステム開発にお困りの方は

弊社では、これらの利点を考慮した上で、ホームページ制作を行っております。その他にもスマホアプリ、システム開発、業務用ゲーム機器販売も行っており、相場と比較してもお得な費用にてサービスを提供、販売させて頂きます。お見積もりのご依頼もお気軽にお申し付けください。

アプリ開発を依頼する際に気をつけるポイント

アプリ開発を依頼する際に気をつけるポイント

iPhoneやAndroid向けのアプリ開発を行う企業は、アプリの需要が高まるにつれて、年々増加の傾向にあります。自社開発以外でもお客様の幅広いニーズに応えるべく、専門の企業に開発依頼をする事もあるでしょう。その際に気をつけておきたいポイントをこちらでは、ご紹介します。

開発実績の有無

ツール系のアプリ開発の依頼を考えているのに、ゲームアプリ開発の実績しかないようであれば、依頼する会社を考え直す必要があります。開発ソフトや開発手法が異なるので、依頼を考えているアプリと似たようなジャンルを開発実績に持つ会社を選ぶようにしましょう。実績があっても、ジャンルが異なるのでは、求めているアプリが違う形で完成してしまう可能性もあります。

企業の大小

一概にどこが良いとは甲乙付け難いのですが、大企業のメリットとしては、アプリ開発や自社アプリの実績です。大企業にまで成長できたのは、これらの実績の積み重ねが物語っています。一方で、中小企業のメリットはその小回りが利くフットワークにあります。少数精鋭のチームでお客様のニーズに応えやすい環境を整えている事も多く、どちらにも良さがあります。しっかりと、ホームページを参考に見極める目が必要となってきます。


対等な関係を保つ

今も昔もお客様は神様であると考えられていますが、お客様も依頼(お願い)する側なので、決して横柄な態度を取ってはいけません。依頼される会社が気持ち良くアプリ開発を行うには、お互いが対等な関係でいる事が大切です。

人としての基本であるお互いを尊重し合う心遣いはこういった開発の場にも大きく影響してきます。お客様が満足するために開発を行おうと思う自然な心意気と、やらされている開発では、仕上がりも違ってきます。それは依頼される会社にも同じ事がいえます。実績があっても、お客様対応がしっかりしていない会社に開発依頼をする場合は注意が必要です。

アプリ開発やWEBシステム開発にお困りの方は

このように簡単ではございますが、アプリ開発を依頼する際に気をつけるべきポイントについてご紹介させて頂きました。弊社は、他社との相場を比較しても費用やサービス内容において、お客様に満足して頂けるような商品を提供致します。お見積もりやご不明の点がございましたら、お気軽にご相談ください。

AndroidとiPhoneの違い

AndroidとiPhoneの違い

スマートフォンに機種変更する際、多くの方が疑問に思うのがAndroidとiPhoneの違いだと思います。
こちらでは、弊社にスマホアプリ開発を依頼する際にも重要になってくるAndroidとiPhoneの違いについてご紹介したいと思います。

【Android】

Googleが開発したスマートフォン用のOSをAndroidといいます。スマートフォン業界では、Androidが市場に参入するまでiPhoneが市場を独占していました。これまで市場を独占していたiPhoneですが、徐々にAndroidにユーザーが流出していきます。それは、デザイン面が関係しています。Androidは様々なメーカーで端末製造ができるので、機種のデザイン性も高いのです。

デザインが豊富なため、ユーザーの選択の幅が広がりました。メーカーごとのコンセプトにも違いがあり、その面もユーザーの選択の幅を広げています。
端末によっては機能にも大きな違いが生まれます。おサイフ携帯、防水機能、赤外線通信など重要視するポイントを押さえて購入する必要があります。

【iPhone】

Apple社が基本ソフトからハードウェアまでを開発した製品がiPhoneです。iPhoneは製造元が全てApple社となっています。そのため、全世界でデザインが統一されているのが最大の特徴になります。日本では、「幅広いユーザーが利用できる」をコンセプトとしている事も多いので、その点では目指しているコンセプトとはかけ離れています。

iPhoneで特に優れている面は、パソコンを利用してアップデートや機能の追加をできる事です。また、アプリも豊富に開発されていて、コンテンツが充実している面は多くのユーザーを魅了している事でしょう。
Androidと比較しても劣る部分が少ないiPhoneですが、購入時の注意点として防水機能、赤外線通信などがないことです。また、アプリの購入にはプリペイドカードかクレジットカードが必要です。

アプリ開発やWEBシステム開発にお困りの方は

スマホアプリ開発に携わっている弊社は、お客様が負担する費用を抑えた高品質のサービスを提供しています。スマホアプリは端末の違いによって開発も異なってきます。しっかりとターゲットを見据えることが重要になってきます。

弊社ではアプリやWEBに関するコンサルタントも承っております。アプリの相場や見積もりに関するご相談もお気軽にお問い合わせください。

新規事業に関して

2014年7月1日、当社は新たな事業としてコスプレ関連事業を開始することになりました。

 

背景としては、10年間、50,000点以上のコスプレ衣装販売の実績があるコスワールド(株式会社アピール)の事業買収を行ったことによります。本事業買収に伴い中国縫製工場を含めその他中国の各種工場との強いパイプを獲得いたしました。縫製関係のみならず、グッズ全般を取り扱うことも可能となりました。

 

コスプレ市場はニッチ産業と言われておりますが、市場の9割は10代~30代の若者で構成されており、また日本国政府がクールジャパン戦略を打ち立てたことなどもあり今後の市場拡大が見込める市場です。しかしながら、未だ大手企業が参入しているわけではなく、個人やブローカーなどが市場を牽引している状況です。当社はこの状況を大きなチャンスと捉え、国際戦略も見据えた積極的な展開を行っていきたいと考えております。

 

なお、システム開発、アプリ開発といった既存業務は引き続き当社の本業として積極的に展開を進めていきます。

 

本件に関する質問は、当社お問合せフォームよりお願いします。

 

以上、よろしくお願いします。

 

株式会社クオニティ
代表取締役 浦上 誉弘

スマートフォンの収益モデル

スマートフォンの収益モデル

スマートフォンの収益モデルスマートフォンアプリ開発・WEBシステム開発なら弊社にご依頼ください。開発にかかる費用も格安でご提供させて頂きます。

こちらでは、近年急速に普及してきたスマートフォンによる収益についてご紹介したいと思います。

弊社のサービスもスマートフォンによる収益に繋げる事ができますので、是非ご検討ください。

スマートフォンによる収益モデルについて

収益モデルは、大きく分けて5つのタイプがあります。

有料タイプ

1:売り切りモデル

とてもシンプルな形態がこのタイプです。アプリのダウンロード数が直接収益に繋がります。

年齢層に関係なく求められるコンテンツは、こちらのタイプで提供するといいでしょう。
アプリのダウンロードにかかる料金も独自に決める事が可能です。相場などを調べ、適正な価格で提供する事を心がけましょう。

2:継続課金モデル

少し複雑な形態になってしまうのがこのタイプです。
こちらのタイプでは、アプリの月額使用などに発生する継続金を収益にします。
関連する細かいコンテンツをまとめて月額使用にするなどの方法が有効とされています。

無料タイプ

1:広告配信モデル

こちらは広告で収益を得るタイプになっています。多くのユーザーにダウンロードしてもらい、アプリ内に広告を表示する事で収益を得ます。アプリ用の広告としては、成果報酬型のものクリック課金などがあります。

2:有料アプリ販売モデル

こちらは、無料版から有料版に購入を促す収益タイプになっています。有料版のアプリまでユーザーが辿り着かない事という問題があります。

3:追加課金モデル

アプリ内で使用するアイテムなどを課金制にする事で収益を得ます。このタイプで大成功している企業も多く、アプリランキングの上位にはこのタイプのものが多いです。

スマートフォンとスマートフォン業界について

スマートフォンが急速に普及した背景には、通信環境が整えられた事が考えられます。
旧来の携帯電話と比較すると圧倒的にスマートフォンの通信速度は早くなっています。それが顕著に現れているのが、動画の処理速度です。旧来の携帯電話では動画の処理速度が遅かったため、視聴している動画がフリーズする事が頻繁にありました。

しかし、スマートフォンではそのような障害が起こりにくいのです。
また、旧来の携帯電話では楽しめなかったクオリティの高いゲームやお役立ちコンテンツの充実はスマートフォンユーザーを増やした要因だと考えられます。

多くの企業では、スマートフォンの普及率からスマートフォン用のサイト制作・アプリ開発を始めました。
この業界はまだまだ始まったばかりで、多くのチャンスが潜んでいるのです。そのサポートを弊社が致します。

アプリ開発やWEBシステム開発にお困りの方は

スマートフォンアプリには、このような収益モデルがあります。
弊社も様々なアプリの開発に尽力しています。スマートフォンアプリ開発やWEBシステム開発にお困りの方は、お見積もりやお問い合わせなどお気軽にご相談ください。